ブログ一覧

゛火災保険”ってどんな保険?

2017年09月09日   その他

火災保険は、「火災」についてだけの保険なの?

 

 

住宅を購入・新築する際は、火災保険に加入するのが一般的です。

 

「火災保険」という名称のためか、

 

「火災に関しての保険」と認識されている場合が多いのですが、

 

火災保険の保障は、様々なものがあります。

 

今回は、そんな火災保険の意義や内容について

 

触れていきたいと思います。

 

 

<主な保証の内容は、こんなにある!>

 

 

 

 

 

 

災害・・・

 

火災・水害・風災・落雷・破裂・爆発・ひょう災・雪害など

 

 

 

 

 

残存物取片付け費用・・・

 

災害や事故による残存物を取り片づける費用。

 

 

 

諸費用・・・

 

保険金支払い事由発生時の臨時費用・被災時の見舞金・損害防止費用など

 

 

 

事故・・・

 

排水管事故による水濡れ、予測できない突発的な事故による家財の破損など

 

 

 

盗難・・・

 

家に侵入する際に破損した窓ガラスや鍵などの補償や、

 

場合によっては現金被害も対象。

 

 

 

個人賠償責任・・・

 

日常生活、もしくは住宅の所有・使用・管理に起因する事故で、

 

本人または家族が他人にけがをさせたり、他人の物を壊したりして

 

法律上の損害賠償責任負った場合の補償。

 

※ただし、賃貸物件のオーナーの職務遂行または動産、不動産の所有、

 

使用もしくは管理に起因する法律上の賠償責任を負った場合に

 

被った損害は補償されない。

 

 

 

 

 

<防火対策が十分だと、火災保険は最低限でいい?>

 

 

新潟糸魚川近隣での大火事のニュースは、

 

まだ皆さん記憶に新しいと思います。

 

 

あの時、1件ぽつんと焼けずに残ったお宅がありました。

 

防火対策にこだわったお宅だったそうです。

 

ただ、あれだけの大火災に巻き込まれて、

 

無傷というわけにはいかなかったと思います。

 

 

 

火災保険については、防火対策をしていれば、

 

最低限でいいという方もいらっしゃいます。

 

ただ、交通事故などと同じく、

 

もらい火による火災という場合もあるのです。

 

 

このような不可抗力による火災や自然災害に備えることができる、

 

というのが大きな意義だと言えると思います。

 

 

 

 

 

 

 

<火災保険:建物の保証と家財の保証>

 

 

 

火災保険は、建物と家財と別々に加入します。

 

 

建物だけ保険に加入し、家財は未加入という選択もできますが、

 

家財保険は家電や家具だけではなく、

 

衣類やデジカメなどの電化製品も対象にできます。

 

もし、火災や水害などですべて買い替えとなったら・・・

 

家財保険の保険料は安いものなのかもしれません。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

家を取り巻くリスクを洗い出し、自分たちにはどんな

 

が必要か線引きすることで、不必要な補償を把握することが

 

大切です。

 

補償が手厚いほど、費用もかさみます。

 

最近は、自分で必要な補償だけ選べる

 

カスタマイズ型の保険も沢山あります。

 

お住いの地域の環境(台風が良く来る、大雪が多い、など)も

 

参考にしながら、重要度の低い補償は見直してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得なギフトレターはこちら