ブログ一覧

ローンの話③~え?と思うような住宅ローンに通らない原因

2016年07月25日   SAMATA公式ブログ

住宅ローンを利用する場合、意外な理由で

審査に落ちることがあります

 

yjimage

まじめにこつこつやってきたつもりなのに・・・

 

え?こんな理由で?

 

まったく心当たりがなかった・・

 

-そんなことのないように、原因を知って対処していきましょう。

 

 

 

:携帯電話料金の未納

 

 

携帯電話(スマートフォン)を購入する際、最近は分割して

月々の電話料金と一緒に支払う方法が一般的になりつつあります。

 

しかし、これは立派なローンなのです。

 

滞納すると、この機種代金のローンの未払いで

住宅ローン審査に引っかかってしまいます。

 

カード払いにしておくのも1つの対処法ですが、

引き落とし日に口座に残高があるのか確認して

おきましょう。

 

 

 

:年金保険料の未払い

 

国民年金の保険料の未払いにも注意が必要です。

 

20歳そこそこでは学生だったり、給料が安かったりで

ついつい未納にしてしまうケースも少なくありません。

 

市役所などで予めきちんと手続きすれば、支払いを

猶予してもらえたりします。

 

例えば、なにもしないで未納のまま22歳で就職し、

そこからは年金を支払い始めたとしても、未納分が

住宅ローン審査でひっかかってしまうのです。

 

未納があって、いまから新築をお考えの方は、

市役所や年金事務所などで相談してみましょう。

 

 

:税金の滞納

 

住民税や車、二輪の税金なども同様に、滞納があると

審査に通らない可能性があります。

 

こうした税金の滞納金があると、少額であっても信用がない

ということで審査に通らないことがあります。

 

 

 

 

:クレジットカードのキャッシング枠

 

クレジットカードのキャッシング枠にも注意が必要です。

クレジットカードのキャッシングでは、ATMにクレジットカードを入れるだけで

簡単にお金借りることができてしまうため、金融機関によっては、

この枠が既に借りているものだとみなされてしまうことがあります。

 

このため、キャッシング枠のついたクレジットカードをたくさん持っていると、

これが理由で住宅ローンの審査に通らないという場合があります。

 

ですから審査をする前に、使っていないクレジットカードは解約し、

使っているものに関しては、使わないキャッシング枠があるのであれば、

はずしておいたほうが安全です。

 

キャッシング枠をはずす場合は、クレジットカードの裏に書いてある

電話番号に電話をし、キャッシング枠を外したいと伝えるだけで大丈夫です。

 

 

 

 

:健康状態が悪い

 

重い内臓疾患や精神疾患にかかっていた場合、住宅ローンの審査に

通らない場合があります。

 

なぜかというと、フラット35以外では、ほぼ全ての金融機関が

住宅ローンの申し込みの条件として、団体信用生命保険に入ることに

なっているからです。

 

住宅ローンの借主に万一のことがあった場合は、この団体信用生命保険で

住宅ローンの支払いが免除されます。

 

なので、万一の場合になる確率が高い場合は、

病院で検査して、健康状態を告知したりすることが必要になります。

 

その結果団体信用生命保険に入れず、審査が通らない場合もあるので、

健康状態にも注意が必要なのです。

 

※フラット35は、団体信用生命保険は任意加入なので、

保障なしでもどうしても住宅ローンが組みたい方は、

こちらをおすすめします。

 

 

 

いかがでしたか?

SAMATAでは提携している金融機関を通して

ローンの審査、相談なども随時行っております。

 

お客様のわからないこと、疑問点は一つ一つ一緒に解決していく。

それがSAMATAの姿勢です。

 

ご相談はお気軽にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得なギフトレターはこちら