ブログ一覧

住宅ローンの借り換えができない?

2017年03月06日   SAMATA公式ブログ

前回は、住宅ローンの借り換えの手順についてご紹介しました。

 

しかし、場合によっては借り換えができないこともあります。

 

借り換えができないのは、どんなケースなのでしょうか。

 

 

 

 

:同じ金融機関での借り換え

 

住宅ローンを借りている銀行から、新たな商品が出たとします。

 

それが金利面などでも優遇されていて、

 

魅力的な商品だったとします。

 

しかし、同じ金融機関での(支店が別でも)借り換えはできません。

 

※金利などの相談には応じてくれます。

 

 

 

 

 

 

:公的住宅ローンへの借り換え

 

財形住宅融資は借り換えできません。

 

ちなみに、フラット35への借り換えはできますが、

 

フラット35sへの借り換えはできません。

 

 

 

 

 

 

 

:住居を賃貸にした

 

転勤などで、借入先の承諾を得て賃貸にした場合、

 

収益物件とみなされます。

 

この場合、借り入れができなくなり、金利も高くなる場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

:仕事を転職もしくは独立した

 

一般的に、金融機関では最低勤続年数を定めています。

 

このため、転職や独立後の借り換えをする場合は、

 

1年~3年程度の勤続年数が必要です。

 

 

 

 

 

 

:収入が減ってしまった

 

 

金融機関では、年収に対する年間返済額の割合の基準があります。

 

収入が減り、審査基準を年間返済額が上回ってしまうと、

 

借り換えできません。

 

 

 

 

 

:健康状態が悪化してしまった

 

 

借り換え時も、団体信用生命保険への加入が

 

ほとんどの金融機関で義務付けられています。

 

このため、健康状態が悪化し、団信に加入できないと、

 

借り換えもできないことになります。

 

 

 

 

 

 

:物件価値が著しく落ちてしまった

 

 

希望する融資金額よりも、物件の評価額が低いと、

 

担保割れとなってしまいます。

 

そうなると融資が受けられません。

 

しかし、金融機関によって判断基準が異なるため、

 

いくつかの金融機関で評価を受ければ、

 

融資可能な金融機関が見つかるケースもあります。

 

 

 

 

 

:住宅ローンやカードの支払いを延滞したことがある

 

 

過去1年以内に、

 

返済中のローンやその他の支払いに延滞があった場合は、

 

借り換えが難しくなります。

 

債務整理については、過去5年以内が対象となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、借り入れが難しくなるケースを紹介しました。

 

 

住宅ローンは、支払いが始まると

 

「あれ?月いくらだった?」

 

「金利って、何%だったかな?」

 

など、ついつい忘れてしまいがちです。

 

まずは、借り入れ前の資金計画、

 

そして、こまめな返済の見直しをお勧めします。

 

お得なギフトレターはこちら