ブログ一覧

家づくりの道のり⑤~防水工事・外壁工事~

2016年11月30日   SAMATA公式ブログ

:外壁工事(透湿防水シート)の工事の流れ

 

 

 

写真・・・SAMATA施工事例より

21

 

防水工事は家を長持ちさせるためにとても大切な工程になります。

 

透湿防水シートは、構造用合板の上にタッカーで留めながら貼っていきます。

 

この透湿防水シートは、外壁の仕上げ材の内側に侵入してきた雨水を

 

防ぐためのものです。

 

 

そこで大事なのは、シートの重ね代です。

 

重ね代は、100mm以上が基本ですが、シートそのものに

 

重ね代を何mmとするべきか記載されていることが多いので、

 

これを守るようにします。

 

 

通常、この透湿防水シートはロールになっていて、

 

 

横方向へぐるりと建物を巻いていくように貼っていきます。

 

 

なので、重ねる部分に水が入らないように、

 

下から順に、上側のシートを上に重ねるように貼っていきます。

 

 

 

 

写真・・・SAMATA施工事例より

25

 

建物の角の部分では、透湿防水シートで巻くように張り、

 

角部にシートの切れ目をもってこないようにします。

 

この部分の左右の重ね代は300mm以上とします。

 

さらにサッシ周りは、特により慎重で丁寧な施工が求められます。

 

防水テープを貼って隙間ができないようにします。

 

 

 

 

 

 

:外壁仕上げの建築工程

 

 

 

写真・・・SAMATA施工事例より

28

透湿防水シート施工の後、胴縁を施工していきます。

 

通気胴縁で通気層を確保し、壁内結露を抑制します。

 

 

 

 

 

そして、胴縁の上にサイディング材を施工していきます。

 

サイディングは、外壁面の一番下から順に施工していきます。

 

 

外壁の仕上げ材にはサイディング以外にも、モルタルや

 

ガルバリウム鋼板などもあります。

 

モルタル仕上げの場合は、通気層を設けない場合もあります。

 

現場によって施工方法も様々です。

 

 

 

 

 

 

 

断熱工事~完成編は次回お届けします。

 

 

 

 

お得なギフトレターはこちら