ブログ一覧

工事請負契約時に確認する書類は何?その①

2017年03月18日   その他

photo_d01photo_d01

写真/SAMATA施工事例より

 

 

 

新築一戸建てを購入するべく、

 

ハウスメーカーや工務店をいろいろ渡り歩き・・・

 

ついに、建物プランが決まり、契約の段階になったとします。

 

 

busi_17

 

そこで、確認しなくてはいけない書類

 

または、確認したほうがよい書類には、

 

どんなものがあるのでしょうか。

 

一度契約すると、なかなか変更できません。

 

 

契約時に、疑問点やわからないことを残さないよう、

 

今回と次回の2回で、チェックしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

:契約時にはどんな書類があるの?

 

 

 

契約時には、一般的に以下の契約書類を取り交わします。

 

 

 

・工事請負契約書

→契約内容が記されている。

 

 

・工事請負契約約款

→工事中もしくは建物の完成、引き渡し後に、

なんらかの問題が生じた時の解決方法が記されている。

 

 

・見積書

→見積書に記載されていないものは、

別途費用となりますので、注意しましょう。

 

 

・設計図書

→特記仕様書、設計概要書、仕上表、配置図、

平面図、立面図、断面図、平面詳細図、矩計図、

部分詳細図、構造図、設備図など

 

 

 

 

契約当日までに、控えをもらって、内容を確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

次回は、契約書のチェックポイントです。

 

 

 

 

お得なギフトレターはこちら