ブログ一覧

新築する時期っていつがいい?パート①

2017年04月09日   SAMATA公式ブログ

 

家を建てたい!と思っても、

 

もちろん、すぐに建つわけではありません。

 

 

 

プランニングを経て契約し、完成するまで約8カ月

 

着工してから約3カ月で完成します。

 

 

それでは、家を建てるのに最適な時期はあるのでしょうか。

 

 

今回は、様々な状況別でのおすすめの時期をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

:ご夫婦のみ

 

昔から、家は冬に建てたほうが良い、と言われているそうです。

 

冬場は晴れていて木材が雨に濡れにくいことや、

 

大工さんたちにとって余裕のある時期。

 

そのため、より丁寧に工事してくれる、なんていう話も。

 

ただ、現在は在来工法では1日で屋根まで造ってしまうので、

 

ほぼ問題なしと言ってもよいでしょう。

 

契約してから8か月後に引越し休みがとれるか、

 

仕事の繁忙期に重なっていないか等、

 

お施主様個人のスケジュールを参考に

 

完成時期を検討してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

:ご夫婦(奥様がご妊娠中とすると・・・)

 

 

12月前後・・・プランニング(奥様妊娠後期)

 

2月頃・・・契約(奥様出産)

 

4月頃・・・地鎮祭(赤ちゃんは生後2か月なので、外にも出られる。)

 

5月頃・・・着工

 

8月頃・・・竣工・お引渡し(赤ちゃん生後6か月)

 

 

 

筆者の「赤ちゃん連れ引越し」の経験では、夏場の引越しがお勧めです。

 

 

 

とにかく、人が住んでいなかった家は乾燥しています。

 

引越しでかなりほこりもたつので、

 

冬場に引越しをした時は、

 

子どもが気管支炎や喘息に罹患する可能性もあります。

 

比べて夏場は、寒さや乾燥で風邪をひく心配は少なくなります。

 

 

 

筆者友人の経験では、内装のクロスの接着剤のにおいがきつく、

 

3日間窓を開けて換気し、やっと入居できたとのこと。

 

 

引越が完了したら、それまでの環境と同じになるというわけではないので、

 

要注意です。

 

 

 

 

 

次回は、お子さん(0~6歳)がいるケース、

 

学童期のお子さんがいるケースについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

お得なギフトレターはこちら