ブログ一覧

資金の話②~変動金利と固定金利、後悔せずに選ぶポイント その1 ~

2016年06月15日   SAMATA公式ブログ

:住宅ローンを変動にするか固定にするかの悩みどころは?

 

 

あなたが住宅ローンを借りるときの一番気になるところは、

 

 

―「どの銀行で借りるか」

ではなく、

 

 

―「変動金利か、固定金利か」

つまり、

 

 

―「総額いくら払うのか」

だと思います。

 

 

そこで、この記事を読んでいただくと、よりかんたんに

変動か固定かを決められるようにお話したいと思います。

 

 

まず、それぞれの特徴をあげると、

 

 

変動金利

・固定金利に比べて金利が低い

・金利が変動する可能性がある

 

 

固定金利

・変動金利に比べて金利は高い

・金利は返済終了まで決まっている

 

ということが言えます。

 

 

 

:変動金利と固定金利とどちらが得か、では解はでない!

 

変動か固定かを選ぶ際に基準にしがちなのは、

「どちらが得か」

ということだと思います。

 

しかし、それでは結論はでないし、後悔しかねません。

 

変動にしていて金利が上がってしまえば、

「・・・固定にしておけばよかった。」

となり、

金利があがらなければ

「・・・変動にしておけばよかった。」

となるからです。

 

では、どういった基準でえらべばよいのでしょうか。

 

 

 

:変動と固定のリスクはだれが負うのか知っておこう

 

 

変動金利のリスクは、借り手側が負います。

固定金利のリスクは、貸し手側が負います。

 

 

住宅ローンの貸し借りで、貸主と借主どちらもが得をする、

ということはありません。

なので、銀行からすれば、ゆくゆく金利が上がると見越している

変動金利のほうを勧めてくるでしょう。

それならば、固定を選んでもよいと思います。

 

 

 

変動金利の金利がどうなるかは、結局どれも推測。

 

 

フラット35のような全期間固定金利や、

借りた時点で返済終了までの金利がわかる住宅ローンであれば、

全部でいくら支払うのかを計算することは出来ます。

 

しかし、変動金利の場合は、

住宅ローンを支払終わってみないと支払総額がわからないので、

ローンの金利をあらかじめ予測することはできません。

 

つまり、借りる時点で住宅ローンの支払総額は計算できないのです。

 

 

 

:なぜ、変動金利でのシミュレーションが多いのか

 

 

その理由はかんたんで、変動金利のほうでシミュレーションを出したほうが

支払総額が安くなり、買ってもらいやすくなるからです。

 

変動と固定で金利が0.8%違うとしましょう。

そうすると、月々の支払額は、1万円違ってきます。

たとえば6万円台か7万円台なのか、

後者になれば二の足を踏む人も少なくないでしょう。

 

なので、住宅ローンの返済額が高く見えても、

固定金利を勧めてくる工務店のほうが良心的かもしれません。

 

 

 

:悩んだから、ミックスプランや固定期間選択型住宅ローンを借りる、

 は絶対後悔する!

 

どっちつかずなプランは、絶対に後悔します。

こちら関しては、後日またブログでお話させていただきます。

 

 

 

変動金利住宅ローンのシミュレーションをする

 

先にもお話しました通り、変動金利住宅ローンの支払総額を

正確に計算することは無理です。

 

そのため、将来の金利を「このくらいじゃないの?」と

予測を立て、シミュレーションする必要があります。

 

金利についてはざっくりでいいので、

 

・いつ

・どこまで上がるのか

 

を設定していきます。

 

例えば、

 

・5年後(10年後)に+1%

・そこから10年後に+1%

 

で計算してみましょう。

 

 

 

ステップ1.住宅ローンシミュレーションサイトへ行く

、住宅保証機構株式会社が運営している

住宅ローンシミュレーションサイトへ行ってみましょう。

 

 

 

クリック! → “ 住宅ローンシミュレーション(住宅保証機構株式会社)

 

 

001

このサイトは住宅ローンの比較、検討に便利なので、

ブックマークしておくといいかもしれません。

 

 

 

ステップ2.返済額の計算画面へ進む

返済額の計算画面へと進みます。左上です。

 

 

 

ステップ3.住宅ローンの借入額を入力する

住宅ローンをいくら借りるのか、いくら借りてよいのか調べて、

借入れしたい住宅ローンの金額を入力していきます。

 

 

こちらも参考に…クリック!→ “年収に対しての借入額の目安を知って、豊かな暮らしをキープ!

 

 

 

ステップ4.返済方法を選ぶ

借入金額の入力が終わったら、返済方法を選びます。

 

 

ステップ5.住宅ローン金利タイプを選ぶ

ここでは、変動金利を選んでみましょう。

 

 

ステップ6.金利を入力

例えば、某地方銀行では頭金なしでも0.775%という商品があります。

目安にしている銀行があるなら、そちらの商品を調べてみてください。

支払方法は、元利均等返済を選んでみましょう。

(元利か元金かについては、後々のブログでお話しします。)

 

 

ステップ7.何年くらいその金利で推移するのか入力

 

 

ステップ8.残りの期間の金利も入力

 

 

:住宅ローン、固定か、変動か決めるたったひとつの考え方

 

それは、借りた後も金利を気にするのかしないのか、

ただそれだけです。

変動で返せなくなったら、借り換えをするのや、

途中で固定に変えるのはお勧めしません。

こちらも、後々のブログでお話ししたいと思います。

 

 

:返済額を少なくし、浮いたお金を運用する

 

変動金利のメリットは、なんといっても固定より最初の支払金額が低いことです。

金利が上がるのをびくびくして待つより、

支払が安く済んで浮いたお金を運用する、

これは積極的な解決のしかたとしてお勧めします。

 

 

次回は、変動金利と固定金利を後悔せずに選ぶポイントその2 と題して

お話していきます。

 

 

その他、お得な情報は6月19日(日)のセミナーでもお話します。

ぜひこちらも参考に・・・

 

 

 

6月19日セミナー  クリック→ “6月19日 セミナ― 後悔しないための家づくり勉強会”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お得なギフトレターはこちら