家を建てる際の行事

SAMATAでは、家を建てる際に、地鎮祭や上棟式、手形式、お引渡し式を行います。地鎮祭や上棟式といった神事は、日本では古くから行われてきた風習ですが、名前には聞いていても、どのようなことを行うのかご存知でない方も多いことでしょう。SAMATAは、工事の無事な進行、そこに住まわれる方の安全や繁栄を心から祈り、神事や式典を大切に祀っております。

地鎮祭

地鎮祭とは、建築工事を始める前に行う、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る安全祈願の儀式です。工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

地鎮祭

上棟式・手形式

上棟祭は、柱や梁などの骨組みが完成した際に、無事棟が上がったことに喜び、感謝する式です。棟上げ、建前、建舞、などとも呼ばれています。工事に関わったスタッフが一堂に会し、今後のさらなる安全を祈願します。また、組み上がった柱(大黒柱)や梁に施主様とSAMATAのサインを記す手形式を実施します。こちらの手形は竣工の際には隠れてしまいますが、いつまでも家を守り続け、その家の伝統と歴史を刻むものとなります。

上棟式・手形式

引き渡し式

家が完成した際に、お客様の新たな門出を祝して実施する、お引き渡しのセレモニーです。テープカットのほか、記念ワインや花束、家ができるまでの記録(写真)を収めたDVD贈呈、手紙の朗読などを執り行い、思い出に残る感動的な式典を行います。

引き渡し式
お得なギフトレターはこちら