社長の生い立ち

株式会社SAMATAは、新築・リフォームなどを
設計・施工を生業とする建築会社です。

私の仕事は、土地探しから設計・デザイン、ローン作成、施工管理、
アフターサービスにいたるまで、
お客様の家づくりをトータルプロデュースすることです。

幼い頃から、建築業を営んでいた父の背中を追いかけ、
いつの日か父のような一人前の建築家になりたいと思いを抱いていました。
幼少期から、ノコギリやトンカチなどを使って、
家の庭にあった木材などを切ったり組み立てたりしながら遊んでいました。
また数字が好きだったこともあり、中学・高校(群馬県立高崎商業高等学校)では
数学にのめり込み、次第に簿記の勉強や経営について学ぶようになりました。
高校を卒業し、安中市と高崎市の工務店で、大工として修行。
覚えることや身に付けなければならないことがたくさんありましたが、

「人より早く一人前になりたい」
「自分が納得する家を自らの手で早くつくれるようになりたい」

という思いで、必死になって現場を学びました。
またそれと同時に、設計やデザインについても勉強し、
現場と机上の双方で建築業の技術と知識を深めました。
その後、父が営む建築会社に所属。
父と同じ舞台に立ってそこで直接学び、また共に切磋琢磨しました。
その傍ら、ゼネコンや公共事業、市営住宅などを通して
自らの職人技術を磨きました。
そうしていくうちに、市営住宅や公共事業では、
住まい手の顔を直接見ることができないということに疑問を抱きはじめ、

「お客様の顔を見ながら家をつくりたい」

と思うようになり、リフォームを中心に仕事を行うようになりました。
多くのリフォームを手がけ、一から新築をつくり上げたのが平成16年の1月。
今まで培った技術とノウハウのすべてを注ぎ込みました。
これが転機となり、そこからは新築とリフォームの両方を
従事するようになりました。

今では、周囲の職人やお客様のことを思いながら、
日々家づくりのことを考えています。
お客様一人ひとりのかけがえのない家を、
人とのつながりを大切にしながら、
行っていきたいと思っています。


お得なギフトレターはこちら