5つのコンセプトSAMATAが選ばれる理由

耐震設計

木造住宅は地震に弱いと思われがちですが、強固な地盤にきちんとした工法で施工をすれば、強い地震の際でも倒壊しにくくなります。SAMATAは、みなさまの安心・安全な住まいづくりの担い手として、綿密な「構造計算」を行い、確かな耐震性と耐久性を兼ね備えた、地震に強い木造住宅を造り上げます。

阪神大震災から顕著になったこと

現在日本では、100年以上観測されたことのない、大型地震が起こり得ると言われています。「次は、自分が住んでいる地域なのでは」と不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
阪神大震災で全半壊した家屋約21,000棟の95%が、1981年(昭和56年)の新耐震基準以前に建てられた「既存不的確建築物」でした。また、自宅の崩壊が原因となって亡くなった人が、兵庫県下では87%にのぼったことからも、暑さや寒さ、風雨などから私たちの生活を守ってきた家が、命を奪う凶器となり得るということにも気づかされました。
日本が地震大国であるということを再認識したうえで、今一度、地震に備えた耐震性・耐火性に関心を置く必要があると言えます。

地盤調査

地盤は、家を建てるための土台となるため、その強度によって家の耐震性や耐久性は大きく左右されます。いくら頑強な構造であっても、柔弱な地盤に建てたのでは大きな地震に耐えることはできません。

地盤とは地面から深さ約100mまでの層を指します。丈夫な家を建てるには、建物の総重量を支える強固な地盤の存在が不可欠です。その強度が不足している地盤では、建物が不均一に沈み込む「不同沈下」などが発生し、地震の際に建物の倒壊を招くことがあります。それを未然に防ぐために、家を建てる前には必ず地盤調査を行い、地耐力(地盤がどの程度の重さに耐えられるか)を調査する必要があります。

地盤調査

耐震に関する工法

柱×筋交い×構造用合板より、縦、横、斜め方向に強い構造体を造出します。SAMATAの壁構造は、軸と面の耐力からなる頑強な構造です。通常の工法の約2倍に値するとともに、基準以上の強力な接合金物を使用することで、さらなる強度を実現しています。

耐震に関する工法

金物

筋交い金物 : 木造軸組工法の住宅では、地震や台風といった、建物に対して横方向からの力が加わった際に、それに抵抗するための補強材である筋交いを使用します。その接合部に取り付けられる接合金物が筋交い金物です。筋交いが外れることのないよう、筋交い金物を使って筋交いの接合部をより強力に固定します。

筋交い金物

ホールダウン金物 : 地震の際などに、柱が土台から抜けないようしっかり固定するための接合金物です。主に家の四隅部分など、縦方向に強い力を受ける部分に取り付けます。また、上下階の柱同士の緊結にホールダウン金物を使用することもあり、地震に強い住宅にするにはホールダウン金物やアンカーボルトを使用して土台や柱などの構造躯体を基礎にしっかり固定することが重要です。

ホールダウン金物

耐久性を上げる工法

基礎の立ち上がりの部分の幅を、基準の120mmを上回る150mmに設定します。主筋を切らずに換気孔を確保することで、従来のような切り込み型の基礎開口部よりもはるかに住宅の重荷に耐えることができるとともに、耐震性も向上します。また基礎中央に空気が流れ込むことで通気を確保され、木材の呼吸を促します。これにより腐食を防ぎ、家を長持ちさせる効果ももたらされます。

お得なギフトレターはこちら