家づくりを具体的に進めるにあたって、

最初にすべきことが“資金計画”です。

 

しかしながら、一口に資金計画と言っても資金計画の進め方によっては、

大幅に予算が違ってくることになります。

 

例えば、自分が住みたいエリアや自分が建てたい家をもとに、

合計予算を算出していくのも資金計画ですが

この進め方で資金計画をしてしまうと確実に総予算が大きく膨らんでしまうことになります。

 

そして、そのしわ寄せが住宅ローンにのしかかることになり、

家は持ったもののその後ずっとゆとりのない暮らしを、

送り続けることになってしまいます。

 

一方で、先に全体予算を決めてその予算の範囲内で、

土地や家などに一体どれくらいの予算をかける事が出来るのか?

を、配分していくという資金計画もあります。

 

この場合、予算ありきで家づくりを考えるようになるので、

かなり高い可能性で、周りの知人たちと、

家づくりにかける予算が違ってくることになります。

家づくりにかけられる予算が前者の場合に比べて減ってしまうということです。

 

そしてその結果、土地や家に対して掛けられる予算も、

知人たちに比べて圧縮されることになります。

 

さて、あなたは一体どちらの資金計画の方が、

どちらの家づくりの方が、自分に合っているとお考えになりますか?

 

弊社では、すべての方に対して

後者の進め方で資金計画をさせていただくようにしています。

その前に、今後の社会がどのようになっていくのか?

についてご理解いただいた上でです。

 

このように、資金計画を進めることで、

建てたあと暮らしにゆとりが生まれるようになるからです。

また、先を見据えた計画を行うことで子供の教育問題や親の介護問題、

そして、自分たちの老後問題に対しての備えが出来るようにもなるからです。

 

そういったことを度外視した状態で提案を受けて、

家づくりを進めてしまった方に比べて・・・

 

“家”をつくるということは“暮らし”をつくるということです。

その家で、一生涯家族が幸せに居続けられる“暮らし”をです。

 

そのためには、

ずっと経済的にゆとりが持てることが欠かせない要素なのではないでしょうか?

 

せっかく家を建ててもただ暮らしていくだけで精一杯で、

全く蓄えも出来ないどころかたまの旅行ですら行くゆとりもないでは、

決して豊かな暮らしだとは言えないと思いませんか?

 

全く蓄えが出来ないとしたら将来に対しての不安が、

年々募っていくだけだと思いませんか?

 

少し大袈裟かもしれませんが建てた後、

経済的にも精神的にも安定して暮らしていけるかどうかは、

家づくりの資金計画をどのように行うのか?

に、大きく左右されます。

 

ですから、正しい資金計画を行い正しい土地選びと、

正しい家づくりが出来るようになっていただければと思います。