資金計画の最初で無理のない返済から逆算したご自身の全体予算を把握し、

そこから土地や家以外に必要となる様々な経費を差し引けば、

その残った予算があなたが土地と家に掛けられる予算ということになります。

 

ですが、土地を購入しようと思えば

そのためにさらに別途でかかってくる経費があるし、

家を建てようと思えば家だけじゃなく庭の工事も同時にする必要があるので、

残った予算の全てを土地代と家代に使い切ることが出来るわけでありません。

 

それゆえ、一体どのような経費がかかってくる可能性があるのか?

ということをご理解いただく必要があります。

 

では、まず土地購入に際して必要となるであろう経費からご説明していきます。

 

✔️不動産屋さんに支払う仲介手数料

 

土地の販売形態は2通りあります。

1つは、不動産屋さんが土地を買って造成して販売するという形態。

もう1つは、一般の方が持っている土地を不動産屋さんが仲介して販売するという形態です。

 

前者の場合は持ち主自体が不動産屋さんであるため、

仲介手数料はかからないのですが、

後者の場合は必ず不動産屋さんに仲介手数料を支払わなくてはいけません。

 

(前者の場合でも、別の不動産屋さんからその土地を紹介されて購入する場合は、

紹介してくれた不動産屋さんに仲介手数料を支払わなくてはいけない場合があるので、

基本的には仲介手数料は必ずかかるものだと思っている方がいいです。)

 

一般的には、その金額は“(土地代×3%+6万円)×消費税”なので、

土地を購入しようと思えばこの経費がかかってくるということを

覚えておいていただければと思います。

 

✔️水道加入金と水道引込み工事

 

そして、土地を購入すれば必ず必要となってくるのが、

市役所に支払う水道を使用するための権利金です。

 

この金額は設置する水道メーターの口径によって違ってくるし、

その基準となる口径も市町村ごとに全く違ってくるので、

購入前にこの金額についても把握しておくようにしないといけません。

 

また、不動産屋さんが新しく造成した分譲地は、

今の基準に合わせた水道が敷地内に引き込まれているため、

新たに水道を道路から敷地内に引き込む必要はありませんが、

そうじゃない土地を購入する場合は、

敷地内に水道が引き込まれていない場合が多々あるので、

そんな場合は、その工事費用が別途で必要になります。

 

あるいは、もともと家が建っていて水道が引き込まれていたとしても、

その口径が今の基準に満ちていなければ新たに引込みをし直さないといけません。

 

となると、水道引込み工事費用に加えて加入金の追加費用も発生することになるので、

こういったことも購入前にしっかり調査することで、

これらに一体どれくらいの予算が必要になるのか?

を把握することが大切となります。

 

✔️排水負担金

 

下水道が完備している地域であればこの経費は必要ではないのですが、

浄化槽を設置しなければいけない地域の場合、

排水先の水路を管理している組合に、

排水負担金という名目の費用を納めないといけません。

 

これも地域によって金額も異なれば、

一括で支払うだけでいいものなのか?

あるいは、毎月ずっと納めないといけないものなのか?

それぞれ違うためこの項目についても購入前に把握しておくことが大切になります。

 

✔️境界基礎と境界壁の工事費用

 

境界の基礎と壁の費用も土地を購入するにあたって、

必ず必要になってくる経費です。

 

とはいえ、この境界に関しては隣との中間に造るか?

あるいは自分の敷地の中に造るか?で費用が大きく異なってきます。

(隣との中間に造る場合は、半分ずつの負担になります)

 

また、境界基礎の上に設置する壁に関しては、

一体どのようなモノを設置するのかによっても費用が大きく異なってきます。

 

それゆえ、道路以外に接している境界が一体どれくらいの長さがあるのか?

そして、それぞれの境界はどのような状況になっているのか?

ということを、購入前に把握するようにし

その工事に一体どれくらいの費用が必要になるのかを、

把握していただくことが大切です。

 

このように土地を購入しようと思えば、

土地代以外にも様々な経費がかかってきます。

 

そして、この経費にかかる金額は、

購入する土地によってぞれぞれ全く異なってくるものです。

 

ですから、こういった経費がかかるということも頭の中に入れていただいた上で、

自分たちが土地に掛けられる予算が一体どれくらいのか?

を算出するようにしていただければと思います。