「学校 イラスト」の画像検索結果

 

 

私立大学の授業料は、

文系は、初年度が約115万円で2年目以降が、

毎年約92万円がかかると言われていて、

理系では、初年度が約152万円で2年目以降が、

毎年約126万円かかると言われています。

 

そして、私立大学に比べて圧倒的に授業料が

安いとされている国立大学では、

初年度が約82万円で2年目以降が

毎年約54万円かかると言われています。

 

つまり、巷で噂されているように、

国立大学に進むか、私立大学に進むかによって

授業料の負担率は大きく変わってきます。。。

この国立大学の授業料でさえも、

実は私たちが大学に進学していた時に比べると、

大幅に上がっています。。

 

私たちの時代の国立大学の授業料は、

年間で約25万円と現在の約半額だったのです。

 

また、たばこも30年前は200円だった銘柄が、

現在では450円と倍以上の価格になっています。

たばこや大学の授業料のように、

知らず知らずの間に大幅に物価が上がっていることも、

決して珍しいことではありません。

 

わずか30年前までは、存在すらしなかった消費税が

今年、10%になろうとしている世の中ですからね。。。

 

未来を想定しながら資金計画をしていますか?

 

つまり、どれだけ景気は悪いと言われていても物価は地道に

上昇し続けているわけですし、今後の最も深刻な問題として、

少子高齢化のさらなる進行があると言われています。

この問題に対する対策として、

社会保険料はどんどん上昇していくでしょうし、

あらゆる税金の負担も上昇していくことになります。

 

いわば、景気の良し悪しにかかわらず、

また給料が上がる上がらないにかかわらず

問答無用で給料から天引きされる金額は増え、

さらには、出て行くお金も多くなっていく・・ということになります。。。

というのが、今後の 日本で考えられる状況 というわけです。

 

しかも、このままの状態で進めば、

近い将来、年金が確実に枯渇することから、

年金支給の年齢も間違いなく遅くなるでしょうし、

その上、支給される金額も減ってしまうでしょう・・

 

この流れを踏まえた上で、家づくりの予算を考える

 

こういった事実や未来をしっかりと理解した上で、

家づくりは行わなければなりません。

 

多くの方が、今の状況や少し先の未来のことだけを考えて

家づくりをしてしまいます。

また、一生に一回の買い物だからと、

資金的に無理をしながら家づくりを進めてしまう人もいます。

 

しかしながら、

身の丈以上の予算を家づくりに注いでしまう行為は、

未来のあなたの首をしめることになりかねません。

もし子供たちを大学に進学させてやりたいとお考えであれば、

とんでもない金額の奨学金という名の借金を、

あなたの子供に背負わせてしまうことになってしまうかもしれません。

 

ですから、今回お伝えさせていただいた内容も

頭の片隅に置いていただきながら、

予算を考えるようにしていただきたいです。

身の丈に合った、本当に無理のない予算で、

家づくりを行うようにしていただければと思います。

 

最小限の予算で家づくりを行う、また、その浮いた資金で、

将来に対する備えもしっかりすることで、

これからの暮らしに、経済的にも精神的にも、

少しでもゆとりが生まれるように

家づくりをされる全ての方にとって必要不可欠な要素です。