「エアコン アニメーション画像」の画像検索結果

 

「電気エネルギー消費の中で冷暖房って、どれくらいの比率かって知ってますか?」

「・・・・・!?だいたい50%ぐらい?

もっとあるのかなーーー?」

このご質問をした場合、ほとんどの方がこのように答えられます。

実際、一般的には暖房や冷房が最もエネルギー消費が大きいと思われており、

それを数値化すると、なんと!?

冷暖房だけで70%を占めていると認識されているんですよね。

 

しかし、実際は?というと、全然そのような事実は存在しないのです・・・。

冷暖房が占めるエネルギー消費の割合は、予想を大きく下回る28%しかないんですよね。

 

しかも、冷房だけで見るとたったの2%しかないというデータが出ているんです。

 

 

そして、その反面、意外にもエネルギーを消費するのが、照明や家電などの動力だったりします。

しかも、冷暖房を上回る35%もあるんです。

あまりエネルギーを消費しないと思っていたので、さすがに私もすごく意外でした・・・

 

 

さらに、機器別で見てみると、

冷蔵庫が1位で、照明が2位、テレビが3位と、

えっ?って感じの結果ですしね・・・

 

“住宅の省エネ化と家電って関係ある?

 

ここで私が感じたことが、住宅の断熱や気密性能をアップさせることによって、

住宅の省エネ化をしたところで、私たちが思っているほど省エネ効果はないということです。

 

というのも、断熱気密の強化と家電の消費電力って、

なんの相関関係もありませんからね・・・

 

つまり、省エネに過度のお金を使ったとしても、電気料金は、想像しているよりも安くならない。

可能性が高いということ。

むしろ、高性能化に費やした費用の回収も出来ない可能性が高い!

結果的に無駄なコストをかけ過ぎててしまう恐れすらあるということなんです!!!

 

もちろん、現在は国が定める基準値を超えた状態で家づくりをしなければなりません。

弊社でも、長期優良住宅で定めるこの地域の断熱の最高等級は上回っていますし、

ゼロエネルギー住宅で定めるこの地域のUA値基準は上回っています。

なにが言いたいかと言うと、これを大幅に超えるような過度な投資は必要がないということなんですよね。

 

費やしたコストを回収出来ない可能性も高ければ、国が定める基準さえ、しっかり上回っていれば、

そこまで大幅に快適性に差異もないからです。

 

省エネのためにすべきこと”

 

これからは、家づくりにお金を掛けすぎないことが非常に重要な時代になってきます。

それゆえ、コストを下げつつ、省エネ住宅をつくっていくようにしなければいけません。

 

「むずかしいですよね・・・」

 

でもまず最初に取り組めることは、「家を最小限にする」ということです。

家の価格は、面積に大きく左右されるからです。

 

結果的に、家の面積がコンパクトになり、体積がコンパクトになれば、

冷暖房のエネルギー消費もカット出来るようになり、その分、電気代をカット出来るようになるわけですしね。

 

省エネだけじゃなく創エネにも目を向ける”

 

 

また、もう1つ目を向けるべきことが、エネルギーを創り出すということです。

つまり、太陽光発電を設置するということです。(賛否はありますが・・・)

 

住宅の省エネ化は、冷暖房に要するエネルギーをカットすることしか出来ませんが、

太陽光発電を設置すれば冷暖房だけじゃなく家電や照明といった動力や

給湯に至るまで、全てのエネルギー網羅出来ますからね。

 

ただ、この太陽光発電に関しては買取料金が下がってしまったことから、

設置しても意味がないという意見もあったりします。

 

しかし、一方では、電力会社から買わなければいけない電気料金が、

どんどん値上がりしていっているという事実も存在しますし、原発が完全停止となれば、

電気料金の大幅な上昇は免れない・・・

 

というのが今後の私たちが迎える現実です。

 

つまり、売るメリットよりもそもそも買わないメリットを選択するという考え方にならないと、

一生涯払い続けて行くことになる電気代の出費に、とても大きな差が生まれてしまうかもしれません。

 

可処分所得がどんどん下がっていき、物価や税負担が上がっていくと言われている中、

住宅ローンだけじゃなくこの電気料金の負担が大きいか小さいかということは、

今後の生活のゆとり度合いに大きな差を生むことになります。

 

ですから、こういったことまで考えながら、家づくりを行えるといいですね!

 

とはいえ、太陽光発電も、ただ設置すれば何でも良いというわけではありません。

資金調達や返済の方法まで考慮しながら、設置するようにしてください!