「子供」の画像検索結果

実は沢山の親御さんが悩みを抱えている

「子供のお友達がもりもり遊びに来る問題」

 

これが新居ならば、なおさら・・・・

あちこち見られちゃいますよね・・・・

家を汚されてしまいそうだし・・・・

低学年ならば余計にドキドキしますよね。

 

子供の大事なお友達が遊びに来るのは、とても喜ばしい事。

仲良く楽しく、遊んでもらいたいですよね!

そのための家であり、子供部屋でもあるのだから。

 

ということで、今回は、

ストレス無く、笑顔で子供のお友達を迎えてあげられるように

家作りでのちょっとした工夫について考えてみたいと思います。

 

帰ったら手洗い必須!洗面台まわりはパブリックスペースと思うべし!

 

お友達も洗面台を使うと思ったら、

あんまり生活感が溢れたスペースに通すのもちょっと・・・。

ママも一緒ならばなおさらですよね。。。

 

手洗い場を別に出来たら一番ですが、

脱衣室と洗面化粧台が同じスペースならば、

モノを少なくするとか、

収納ボックスで隠すなどの工夫したいですよね・・・

 

洗濯干し用のアイテムなどがある場合は、

せめて無色の洗濯ピンチやハンガーにするとスッキリに見せられます。

 

リビングを通って子供部屋に行ってほしい・・

 

どんなお友達が遊びに来ているのか、顔が見たいのは親心ですよね。。。

リビングを通って子供部屋に行くような間取りなら、その問題も解決です。

 

しかし、子供とはいえ、

お部屋をよく見ているもので、

「この前に行った○○ちゃんの家はとっても散らかっていたよ!」

なんてしゃべっているのを聞いたら、とても焦ります・・・

 

子供の純粋な目で見ても、片付いていると思ってもらえるように、

スッキリとしたリビングを維持できるようにしたいですよね!

 

何をしているのか、多少様子をうかがいたい

 

個室にこもってゲーム・・・

イマドキの子供ならば仕方がないとはいえ、

ちゃんと様子もうかがっておきたいですよね。。。。

 

そんな時に1階に子供部屋があれば、自然と声も聞こえるし安心です。

おもちゃも子供部屋に全て収納されているから、リビングは大人空間として維持できます。

 

自分の居場所が無くなる問題を解決

 

お友達たちが、出たり入ったり、バタバタ・・・。

元気なのはいいけど、

何かと大人は落ち着かないものですよね。

 

そこで、自分の居場所を確保するためにも、平屋ならば適度な距離感とこもれるスペースが両立!

子供たちの様子をうかがいつつも、自分の個室でのんびりと過ごす事が出来ます。

 

子供の成長とともに変化する家の使い方。

子供たちがワーワー走り回るのも、ほんの数年の話・・

とはいえ、この時期はどうしてもプライベートが無くなりがちになります。

 

片づけやすい仕組みを作って、

いつでも「どうぞ♡」と言える素敵ママを目指してみませんか?