「掃除 イラスト」の画像検索結果

 

掃除の手間を最大限に減らすためには、

出来るだけホコリが溜まる場所を

つくらないようにすることが大切です。

 

なんといっても、幅木・窓枠・カーテンレール・棚の上などに溜まった

ホコリの掃除は一番厄介ですよね。。。

 

そして、もう一点掃除の手間を大幅にカットするために、

知っておいていただきたいことが、

出来るだけ片付けがしやすい家にするということです。

 

片付けがしやすく、いつもスッキリと片付いていれば、

いちいち溢れたモノをどけながら掃除機をかけたり、

拭き掃除をしたりする必要もなくなるため、

面倒くささが最大限に解消されるからです。

 

では、片付けやすくいつもスッキリした家にしていただくためには、

一体どのようにすればいいのでしょうか、、、

 

管理しやすい収納をつくる

 

片付けやすい家にするためには、

巷に溢れた収納テクニックでそれを解決するのではなく、

根本的に設計によって解決するようにしなければいけません。

 

まず、多くの設計士さんが家の間取りを考える時、

当たり前のように奥行きが深い収納をつくろうとします。

 

しかしながら、奥行きが深い収納は、

実際に使える深さが約80cmあるのですが、

日用品や薬、郵便物や書類といった小物の置き場となるLDKなどに、

このような奥行きが深い収納をつくってしまうと、

モノの在処が分かりにくくなり、

どこに置いたか分からなくなってしまったり、

あるのに同じモノを再び買ってしまうという

事態を引き起こしやすくなります。

 

収納の奥の方に置いた収納ボックスなどの前の

空いたスペースにとりあえずちょっとだけモノを置いておこうと、

どんどん色んなモノを置いてしまい、

やがて奥に置いてあるものがスッカリ隠れてしまうからです。

 

奥の方に片付けてしまいがちな、

ひな人形やクリスマスツリーといった季節ものを

取り出すのも一苦労ですよね。。。

 

また、そういった奥行きが深い収納を

小さく分けて、色んな所につくってしまうのも、

家づくりではよくあることですが、

これもどこになにが置かとても分かりづらくなってしまいます。

 

先程、お伝えしたように

”とりあえずちょっとだけ置いておこうか”病の発症により、

元あった場所に戻さず深く考えずに置けてしまう場所に、

無意識のうちに置いてしまうからです。

 

これらの結果、先程お伝えしたような状態になり、

どんどんモノが増えていきそれらを置く場所がさらに必要になり、

“うちの家は収納不足だから全然片付かない・・・”

という負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

もちろん、モノが溢れることにより片付かないだけじゃなく、

無駄な出費を無意識のうちにしてしまっているわけなんです。

 

管理しやすい収納とは?

 

人間は単純な生き物なので複雑になればなるほど、

脳がその情報を処理出来なくなっていってしまいます。

 

つまりモノが増えれば増えるほど、

管理能力が追いつかなくなってしまうというわけです。

 

それゆえ、まず大切なことは無駄にモノが増えていってしまうような

収納をつくらないということです。

 

そのためには、収納を床面積で考えないようにしなければいけません。

収納を床面積で考えてしまうとどんどん収納スペースばかりが増え、

どんどんモノが置けるようになり、

どんどんモノを買ってしまうからです。

 

また、細かいモノをしまっておくことが多い1階に、

奥行きが深い収納を無駄にたくさんつくることも、

片付かない家をつくってしまう大きな原因となります。

 

それゆえ、1階には出来るだけ1つの場所に、

全てのモノが固まるように収納を配置し壁面を最大限に使って、

奥行きがちょうどいい棚をたくさんつくることが多くの方にとって、

最も管理しやすい収納になるのではないでしょうか?

 

こうすることで管理しやすくなるだけじゃなく、

家の中のドアの本数も必然的に減るので、

自然とコストダウンにもつながってきます。

 

断捨離という言葉があるようにそもそも人間は複雑になればなるほど、

どんどん管理が出来なくなってしまいます。

要らないものや使わないものは出来るだけ捨てるようにしたり、

買わないようにしなければいけません。

 

しかしながらモノを置ける場所、床をたくさんつくってしまうと、

誰しもが置けてしまうがゆえにどんどんモノを買ってしまいます。

 

家が片付けやすいかどうかは、

家の大きさや収納の多さに比例するものでは決してなく、

いかに、管理しやすい収納をつくることが出来たのか?

ということに左右されます。

 

ですから、無駄に床面積とコストばかり上がってしまう収納をつくらず、

管理しやすい収納をつくるようにしていただければと思います。