期間に終わりがある“住宅ローン”に対して、

期間に終わりがないのが“光熱費”です。

つまり、光熱費はずっと支払い続けなければいけない

生涯ローンというわけです。

 

家づくりでは一生涯掛かり続けることになる光熱費を、

いかにカットすることが出来るかどうか?

という点にも着目し正しい知識を持つことで、

家づくりを計画することが非常に大切になってきます。

 

まず意外な事実からお伝えさせていただきます。

 

あなたは家で消費するエネルギーの中で、

冷暖房が占めている割合が一体どれくらいなのか・・・?

ご存知でしょうか?

 

感覚的に捉えてみると、

おそらく50%以上は占めているんじゃないか?

とお考えになるのではないでしょうか?

 

しかしながら、一般社団法人日本サステナブル協会が調査し、

発表したデータによると全体のエネルギー消費に対する暖房の割合は約26%であり、

冷房に関してはたったの約2%しかありませんでした。

 

そしてその反面、エネルギーを消費しているのが、

家電や照明となどの動力で約35%ものエネルギー消費をしています。

 

また、給湯も冷暖房を会わせた数字と同じ、

約28%ものエネルギー消費をしているという結果が出ています。

 

さらに、これを小分けに見ていくと、

さらなる意外な事実が発覚し、

最もエネルギーを消費しているのが冷蔵庫であり、

照明・テレビがそれに続き、

なんとその次にエアコンがランクインするという結果です。

 

✔️過度の省エネ対策は必要なのか?

 

この結果を受けてしっかりと考えなければいけないことが、

必要以上の省エネ対策が必要なのかどうか?ということです。

 

というのも、住宅の高断熱化と高気密化をより強化したとしても、

冷暖房以外のエネルギー消費にはなんの関係もないのです・・・

 

もちろん、長期優良住宅やゼロエネルギー住宅などの、

国が定める基準の断熱性能を有した家を建てることは、

ごく当たり前のことなんですが疑問なのは、

これらの基準を遥かに超えるような家をつくったとしても、

その建築費に投じたコストを削減出来る高熱費で回収することが

出来るかどうかということです。

 

なぜなら、わずかエネルギー消費全体の28%しか、

占めてない光熱費を削減することしか出来ないわけですからね・・・

 

もし、実際暮らし出してみると、

住宅会社が話していたようには光熱費が削減出来なかったとしたら?

 

むしろ、無駄に家を大きくしすぎて、

廊下がたくさんある家をつくってしまうことで、

冷暖房の効果を殺してしまうような家になり、

余分に冷暖房費がかかる家になってしまったとしたら?

 

建築費が上がってしまってローン負担が上がってしまった上に、

光熱費だってさらに余分にかかり続ける結果になってしまいますよね?

そしてじわりじわりと家計を圧迫していってしまいますよね?

 

✔️光熱費削減のためにすべき2つのこと

 

家の光熱費をカットするためには2つのコトに取り組むようにすべきです。

 

1つは、『出来るだけ家を小さくする』ということです。

当たり前の話ですが家の面積を小さくすれば、

家の体積も小さくなります。

そして、結果的に冷暖房費を最小限に抑えることが出来ます。

 

また、ただ単に家を小さくするだけじゃなく、

無駄を省くことで家を小さくすることが非常に大切です。

 

例えば、温度差が少ない快適な家をつくるために、

もっとも不必要なスペースは“廊下”ではないでしょうか?

もし廊下をなくすことが出来れば、

家全体に冷暖房の効果を行き届かせやすくなり、

個別で使用するエアコンの使用量を抑えることが出来るようになります。

 

また、廊下や他の余分なスペースをカットすることにより、

家の面積を小さくすることが出来れば、

そもそもの建築費を大幅にカットすることが出来ます。

家の価格は、家の面積に大きく左右されるからです。

 

そして、もう1つ目を向けるべきコトは“創エネ”です。

太陽光発電の設置です。

 

というのも、省エネが冷暖房しかカット出来ないのに対し、

太陽光発電は、冷暖房以外の全てのエネルギー消費を、

全て網羅することが出来るからです。

 

ただ、この太陽光発電に関しては、

買い取り価格がどんどん下がっていっているがゆえに、

元がとれないから、設置しても意味がないという意見があります。

 

しかし、それはある片側からしか見ていない意見であり、

目を向けなければいけないのは、

私たちが買わなければいけない電気代が、

どんどん値上がりしていっているという現実です。

 

太陽光発電の買取費用は電力会社が負担しているわけでもなく、

また国が負担しているわけでもなく、私たち国民全員が負担しているものです。

太陽光発電を設置していようといまいと同じです。

 

そして、その賦課金はまだまだこれから上がっていくと言われています。

また、原発停止の流れが進んでいけば、そもそもの電気代の上昇も免れなくなってしまいます。

 

それゆえ、いかに電気を買わなくていいようにするのか?

ということを真剣に考える必要があるというわけなんです。

 

この事実を知って家づくりするかしないかによって、

将来的に毎月の出費が2万円〜3万円も、

違ってくることになりかねません・・・

 

ただし、この太陽光発電は

30年や35年という長い期間でローンを組むのではなく、

10年という期間でローンを組むべきです。

というのも、10年間の間は余ったエネルギーを買い取ってくれるからです。

 

いわば、浮いた電気代と売れる電気代に、

銀行から借りたローンを返してもらうという考え方です。

これが実現出来れば、

実質毎月の負担0円で太陽光発電を設置出来るというわけです。

 

ということで家づくりをする時には、

光熱費という点にもしっかり着目いただき、

老後資金の備え費用を捻出出来るようにしていただければと思います。

 

この光熱費は、いわば生涯ローンです。

間違った意見を信じてしまうことで間違った選択をしてしまうと、

老後資金に大きな差を生じさせる要因になりかねないので、

正しい知識を身に付けることで、老後のために資金づくりが出来るようにしていただければと思います。