一般的に平屋には「価格が高くなる」というイメージと、

「土地がかなり広く必要である」というイメージがあります。

 

しかし、予想通り平屋は価格が高くなるのか?というと、

現実はそうではないですし土地にしても思っているよりも

遥かに小さな面積で平屋を建てることが出来ます。

 

例えば多くの方が平屋を建てるとなると、

「最低でも100坪は土地が必要なんじゃないか?」

という思い込みをお持ちになられていますが、

実際は、60坪あれば4人家族の場合、

その広さを持て余すぐらい大きな平屋を建てることが出来ます。

 

しかしながらあなたのだけではなく

不動産屋さんも住宅会社も「家=2階建てありき」を

常識として考えてしまっているため、

50坪という土地面積には当たり前のように

2階建て住宅を建ててしまいます。

 

周りに建っている家も2階建てばかりですし、

2階建ての中にボツンと平屋を建ててしまった場合、

どうしても、日当たりや明るさに不安も残ってしまいます。

 

そして、もしあなたが平屋を希望されているとしたら、

50坪や60坪といった土地ではなく100坪前後もある広大な土地を

オススメされることになってしまいます。

 

しかし、その結果なにもかもがコストアップしてしまう・・・

ということになります。

 

まず、土地を余分に買ってしまった分、

土地の取得費用に不必要なコストを、

かけてしまうことになります。

 

もし、55坪あれば充分な家が建つにもかかわらず、

100坪もの土地を買うことになってしまったとなれば、

その土地の坪単価が20万円だとしたら、

20万円×45坪=900万円も余分にかかってしまうということです。

 

また、外構工事費用だって

広く買ってしまった分、余分にかかってしまうことになります。

周囲の塀の長さも長くなれば、

整地したりコンクリートを打ったりする面積が増えるからです。

 

さらに、毎年支払わなければならない

固定資産税も無駄に高くなってしまいます。

しかも、60坪を超える土地に関しては、

60坪以下の土地の2倍の税金がかかることになるので、

思っているより高額な税金を

毎年納めないといけなくなってしまいます。

 

そして、なにより大変なのはこれから一生涯し続けて

いかなくてはいけない庭の維持管理です。

 

若いうちは、身体も元気なので、

それぐらい大丈夫だろうと安易に考えてしまうかもしれません。

また、広い庭でゆったりと子供たちを遊ばせてやりたいという気持ちや、

買い足すことが出来ないため買えるだけ買っておきたいという気持ちもあることでしょう。

 

しかしながら、やがて歳をとり足腰が弱ってしまったとしたら、

2階の上がり下りと並んで大変なことがこの庭の維持管理の手入れです。

 

それゆえ、コスト面だけじゃなく将来的なことまでも考えていくとなれば、

無駄に広い土地は絶対に買う必要がないということです。

 

これが、2つ目の土地首取得費用を、

最大限にカットするために秘訣です。

 

結論を申し上げますと土地探しや土地選びは、

不動産屋さんと一緒の行うのではなくこの2つを踏まえながら、

住宅会社と一緒に行った方がいいでしょう。

 

そして、そのためにはまずは無理のない資金計画を行い、

自分たちの土地予算を明確に出すことそして、土地探をする前に

住宅会社を決めるようにしていただくことが必要不可欠です。

 

ということで、土地に無駄に余分なコストを

掛け過ぎてしまわないようにするためにも、

この2つの知識を覚えておいていただければと思います。