家の基本は「平屋」から始まります。

つまり、その敷地の中に平屋が建つだけのゆとりがあるなら、

基本的には、平屋で間取りを考えるようにすべきだということです。

 

というのも、平屋にすることで

様々なメリットがあなたにもたらされるからです。

 

まず、平屋にするだけで必然的に耐震性が高くなります。

家の重心が低くなり2階からの荷重もなくなるからです。

 

家は、重量車両が通行すれば揺れるものだし、

台風や強風などによっても揺れるものですが、

その影響は、平屋よりも2階建て住宅の方がより受けることになります。

 

2階建は、平屋よりも重心が高いし、

1階部分が小さく柱や壁の量も少ないため、

平屋に比べてどうしても不安定になってしまうからです。

 

その結果、重量車両が通ればその影響を受けて家も震動し、

徐々に耐震金物が緩んでいくことになります。

台風などの強風を受ければその影響を受けて家が左右に揺れ、

徐々に耐震金物が緩んでいくことになります。

 

そして、金物が緩んでしまっている状態で地震が起こったとしたら?

1階よりも、細かく部屋を仕切ることが多いため、

壁も柱も多くなり、重くなってしまいがちな2階が、

地震によって揺られるとしたら?

 

ですよね?

地震による倒壊リスクが高くなってしまいますよね?

 

その点、平屋は重量車両の通行による震動の影響も受けにくいし、

台風などの時も、強風の影響も受けにくくなります。

 

また、当たり前ですが柱も壁の量も多いし、

地面に対する面も広いため2階建てに比べると、

遥かに地震の被害を受けにくくなっています。

 

つまり、耐震性が天然で高いことはもちろんのこと、

長持ちするという耐久性で考えてみても、

2階建てよりも高いということが言えるんですよね。

 

この他、コスト面や暮らし面においても、

2階建てとは比較にならないぐらい

たくさんのメリットを享受出来ます。

 

✔️平屋に対して多くの方が持っている先入観と常識

 

しかし、一般的には「平屋=高い」という先入観が存在していますし、

「平屋=土地が広く必要=土地代が高くなる」

という先入観も同じように存在しています。

 

しかも、土地を販売する側の不動産屋さんはもちろん、

住宅会社の方ですらその先入観に縛られてしまっていたりします。

 

その結果、余裕をもって平屋を建てられるような土地であるにもかかわらず、

当たり前のように2階建てを建ててしまうし、

自分たちの土地にはとてもじゃないけど平屋なんて建てることが出来ないと、

初めから諦めてしまい当たり前のように2階建てを建ててしまうことになります。

 

ですが、当たり前のように建てられている2階建ての家は、

本当に住みやすい家なのでしょうか?

また、その住みやすさはいつまでも続くのでしょうか?

 

そして、コスト面で考えてみても平屋に比べて本当に割安なのでしょうか?

イニシャルコストだけじゃなくランニングコストにおいてまで・・